吉野のお気楽BLOG

アクセスカウンタ

zoom RSS 温水洗浄便座の修理

<<   作成日時 : 2012/07/07 00:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今年の四月下旬にトイレで水漏れがありました。

我が家のトイレはもともとシャワー機能は無く、後から取り付けた物なんです。
なので、トイレ本体と便座はメーカーが違います。

トイレのタンクからの水漏れなのか、便座からなのか切り分けるために使用後しばらくトイレとにらめっこしてました。
結局、便座側のタンクから水漏れしていることが分かったので、便座のメーカーに連絡して直してもらいました。
ついでに気になっていた部分も見てもらい、全部直ってホッとしたのですが・・・

修理後、わりとすぐに今度はおしり洗浄ランプが点滅するという現象がありました。
説明書を観ると一応対処方法が書いてありまして、その通りにしましたが、直りませんでした。
で、「ダメだったらご連絡を・・・」って事なので、電話しなきゃ・・・

と思っているうちに二カ月がたってしまいました。。。
まだ前回の修理の保証期間なので、うっかり過ぎてしまう前に先日電話しました。

問題の内容と、前回修理をしていることも伝えましたが
対応について確認しますと少し待たされた後、

「現象が前回と異なるので、今回は別件として扱わせていただきますが、よろしいでしょうか」

と言われました。

いいわけないでしょ。。。。 (´ヘ`;)ハァ

原因が修理個所と100%無関係であると言い切れるならいいんですけどね。
それにしたって修理の後に起きているんですから普通はまず交換した部品を疑いますよね。
いきなり現象が違うから別件だと言われても納得できません。
部品の不具合だったなら無償交換のはずですから。

別件で扱って業者がきたら「前の交換した部品がダメでした〜」って場合はどうなるの?
別件で扱うことになってるんだからと、修理代とられるの??
それはおかしいですよねぇ。


いろいろ言いたい事が次々と頭浮かんできましたが、一応整理してからオペレーターさんに伝えました。
もちろん、丁寧に。

再び待たされました。

「ではまずは修理担当の者が伺いまして、調べてからということで・・・」

普通はそれが最初に出てくる言葉のはずなんですけどね。。
なんだって「とれそうなところからお金とりましょう」という感じの対応になるんでしょう。。。
こんな対応許したら、修理のたびにどこかいじられて毎月修理の人が来るなんて事だって起こるかもしれないじゃないですか。
これが本当にこのメーカーのマニュアルに書いてあるなら、はっきり言ってこのメーカーの製品は使いたくないです。

翌日、修理の人が来てくれました。

で、原因は??

「前回交換した部品の不具合でした」


ほら!!
ほらほら!!

やっぱりそうじゃないですか。

そして帰り際、私がしつこいから無償交換したみたいな事を言われてカチンと来ました。。。
こちらの主張通り、前回交換した部品が原因だったんでしょうに!!
なんでそんな風に言われなきゃいけないの??

もともと、我が家にはこのメーカーの製品というのは便座のみのようでしたから、メーカーとの相性はよくないのかもしれません。
便座も自分達で選んだわけではありませんしね。。。

たまたまちょっと感じ悪い人が修理に来たんだとしても、オペレーターさんの対応からして疑問を感じるので、このメーカーの製品はちょっと買いたくないですね。。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
温水洗浄便座の修理 吉野のお気楽BLOG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる