子連れ旅行~ホテル編~

品川プリンスホテルアネックスタワーのダブル角部屋とホテル内のレストランについてまとめます。

■ホテルの部屋について

品川プリンスホテルの部屋の写真はこちらへどうぞ。(しょっぱなから手抜き・・・)
メイン、イースト、アネックスというタワーがあり、ネットで調べた限り、評価はそれぞれのタワーでわかれるようですね。
私たちはアネックスタワーのダブルのお部屋に宿泊しました。
角部屋が若干広いという理由でそちらにしました。

狭いと感じる人もいるでしょうが、私の感想は「ま、こんなもんでしょ」というところ。
ゆきくんは確かにちょろちょろ動き回りますが、彼自身が小さいのでまったく気になりませんでした。
部屋でくつろぐというのがほとんどなかったというのもあるでしょうけど。
大人二人でくつろぐには支障はないと思います。
ディズニーリゾート付近のホテルに比べれば確かに「狭い」ですが、リゾートホテルと比較するのはどうかと思うので・・・。

バス、トイレも普通かな。
ゆきくんをお風呂に入れる時もとくに不自由は感じなかったと主人がいっていましたし。
バスタブはゆったり入れる程度には広いです。

これは私個人の問題ですが、ベッドと相性が悪かったのが、あまり快適ではありませんでした。
主人と私の間にゆきくんをはさんでいたからかもしれませんが・・・。
眠れないって事はないんですが、朝目が覚めた時にまだしっかり疲れがのこっている感じでした。
ハードなスケジュールのせいもあると思いますが・・・・。
主人は平気だったみたいですし、ゆきくんも布団が違うなんて全く問題にしていませんでした。
ゆきくんはむしろここのベッドの方が寝つきがよかったくらいでして・・・。

我々のように家族で利用している人もいらっしゃいましたが、海外からいらした人も結構いらっしゃったようです。
朝食のためにレストランに向かう途中で通り過ぎた部屋の入口には英字新聞が・・・という部屋も多かったです。
そのせいでしょうか、フロアが騒がしくなることはありませんでした。
夜に外の風の音がするくらいで。(高いところだし、仕方ない)

■レストランについて
品川プリンスホテル内のレストランについてはこちら

二日目の朝食は、メインタワー一階にある「ハプナ」でとりました。
天井が高く、高級感のある雰囲気を醸し出しております。
ディナーの時はドレスコードがあるのでは??という感じ。
和食、洋食のブッフェ形式でした。
パンもいろいろ種類があり、ちょっと変わったパンが多かったかな。
ただ、ゆきくんはここのパンはお気に召さなかったらしく、あまり食べませんでした。
主人はベーコンがカリカリではなかったのが減点といってました・・・・。
ゆきくんがここで食べたのは、スクランブルエッグとポテトサラダ、パンにフルーツです。
バナナが一本まるまるどどーんと積んであるのは意外でしたが、オレンジやグレープフルーツは切ってありました。
ゆきくんがここで食べたのは主にフルーツでした・・・。
飲み物の位置がわかりにくいのが難点。
でも、接客態度は満点です。
ゆきくんはお子様用のいすを出してもらったのですが、じっとしていなかったので、結局お義父さんのお膝で食事をする事に・・・。
子供が騒ぐとちょっと居心地の悪い空間でした。
周りもがやがやしているので、多少騒いだって遠くまで聞こえることはないのですが、私たちが使っていたテーブルの周辺の方々は小さな子供に対する目が冷たかった・・・・。

二日目の夜はアネックスタワー一階の「ななかまど」でとりました。
夜は一品料理を注文する形式とバイキング形式を選択できます。
バイキング形式だと寿司やてんぷらもあってちょっとおいしそうでしたが、この日は昼にてんぷらを食べたのと、少食なメンバーだったので、一品料理の注文にしました。
料理もおいしいので、お勧めです。
少ない人数ならへんな居酒屋に入るよりずっとおいしく&安く食べられると主人は言ってました。
ちなみに、ここのお客様はゆきくんがぐずっても温かい目で見守ってくれました・・・。

三日目の朝は「フードコート」というレストランで朝食をとりました。
前日の夜に利用した「ななかまど」では和食のバイキングということで、どっちにするか迷いましたが、次回(あるのか??)のために情報収集をしようと思ってフードコートにしました。
ここは和食、洋食、中華のバイキング形式でセルフサービスです。
後片付けはやってくれるようですが。
子供用のいすも言わなきゃ貸してくれないようです。
受け付けでゆきくんも一緒だったのに、「お子様用のいすをご用意いたしますか?」とは聞かれませんでした。
・・・ま、言われても断ってましたが・・・。(大人しく座ってくれないから・・・)
こちらのパンは定番がそろっていました。
ご飯は雑穀入りと普通のから選べます。
シュウマイが「庶民の味」って感じでおいしかったです。
フルーツは種類が少なめでした。
ゆきくんはここでもフルーツが主食でした。
ご飯も卵焼きも煮物もあんまり食べませんでした。
ここを利用するのは子供連れが多く、騒がしいのでゆきくんがぐずっても誰も気にしません。
そういう意味ではゆっくり食事ができました。

■接客態度について
アネックスタワーのフロントでは朝食を出しているレストランの一部が5/2は休みになっていることを教えてくれなかったそうです。(主人談)
5/2に「フードコート」を利用する予定だったので、行ってみたらお休みで、入口にいた係りの方が他のレストランを教えてくれ、その場でメインタワーのハプナに行くと決めると案内までしてくれました。
イーストタワーに宿泊していたお義父さんはチェックインの時にその説明があったそうで、なんで我々には説明がなかったんだとちょっとプンプンしましたが、ハプナに案内してくれた係りの方の対応が親切だったので、チャラにします。
たぶん、私たちのチェックインを担当した人がど忘れしたか、慣れていなかったのでしょう。

レストランにいる人たちはそのレストランの格に見合う人達のようです。
ハプナなら高級レストラン並みに対応してくれますし、ななかまどは普通の居酒屋よりは丁寧に応対してくれます。フードコートはファミレスって感じで。
そういうものだと思って利用すればそんなに気にならない程度です。

今回の旅では特に尾を引くような不満はなかったので、次回機会があればまた利用すると思います。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック